るるるの韓れびゅ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

「雲が描いた月明り」パク・ボゴムのプロフィールと魅力

パク・ボゴムにハマる

韓流プレミアで現在放送中の「雲が描いた月明り」が面白すぎて朝が異常に楽しみなこの頃。

とんでもない男が現れていたんですね、韓国。

その名も「パクボゴム」



素敵ー!

このツンデレ世子様演じるパク・ボゴム君を実は私、最初はイケメンとも思わずになんとなく観ていたため、

なんと!1話を消去するという失態

も~、私の目はどこについてるの~?(怒)



というわけで、ちゃんとドラマ観たら気づいてしまった!パク・ボゴムの魅力に!

パク・ボゴムのつぶらでありながら真っ直ぐな眼差しに心をワシヅカミされてしまったのです。

一旦落ち着いていたMy韓流ブームが再びやってきちゃいました🧡


そして、何このドラマ「雲が描いた月明り」、面白いではないですか。

男として生きている女性に、女性だと知らずに心を引かれて葛藤する世子。

命がけでお互いを守り見つめ合う2人に見入っています。


ドラマのOST「私の人」はパク・ボゴム本人が歌っているんですね。

歌も上手い😍

パク・ボゴム君、今や韓国を代表する人気俳優に。

超絶イケメンというわけでもない彼がなぜ、ここまで人気なのか。

それは、超絶性格がいいらしいのです。

うん、わかる。オーラで性格の良さがでている。

彼の賞賛記事は多すぎて書ききれないくらい。

とにかく、こんな性格のいい人間は出会ったことがないと皆さん絶賛状態。


彼はクリスチャンで、酒、タバコ、コーヒーを飲まないそうです。

同じ服を着ていたりするその飾らなさも魅力的です。


そして、やはり私がパク・ボゴムの情報で驚いたのはパク・ボゴムが14歳という若さで父親の借金の保証人になって
自己破産していたことです。

借金は8億ウォン(7700万円)まで膨らんでしまい、21歳で自己破産の道を選んだそうです。

10歳の時に母親を亡くし、14歳で借金を背負い、家族を養うためにシンガーソングライターになることを決意して自ら大手レコード会社にデモテープを送り、そして全部の事務所から合格通知が届いたとか。

1番最初に合格通知を送った事務所に決め、歌手より俳優に向いている、俳優をしながら歌手はできる、と事務所からすすめられて、俳優として活動を始めることになったそうです。


パクボゴムのプロフィール

生年月日 1993年6月16日
身長 182㎝
体重 65㎏
デビュー作 映画「ブラインド」
出演ドラマ 「ヒーロー」「ワンダフル・ラブ」
「ネイルカンタービレ」「君を覚えてる」
「応答せよ1988」「雲が描いた月明り」
「ボーイフレンド」「青春の記録」など
出演映画 「最後まで行く」「コインロッカーの女」
「徐福」「ワンダーランド」など


人気に火がついたのは「応答せよ1988」だそうです。

まだ観ていないので、雲が描いた月明りが終わったら、順に見ていきたいと思っています。

デビュー作の映画「ブラインド」ですが、私観てました。

あの少年がパク・ボゴムだったんですね。泣いていたのが印象的だったので覚えています。



今年12月24日に、日本でファンミーティングを開いてくれるようです。

クリスマスイブにファンにとっては嬉しいかぎりですね。

今年は無理ですが、次回はぜひファンミーティング参加したいと思います。


雲が描いた月明り、今後どんな展開になっていくのでしょうか。

好きなのにその人のために別れを選ぶ、切ないですね。

TV放送待ちきれないのでレンタルしてしまおうと思ったら、みんな同じ事を考えるようで、全部レンタルされてました。

DVD買おうと思ったら高っ!

特典映像もあるから、もっと安くなったら買おうかな。

まとめ


知れば知るほど好きになってしまった韓流スターパク・ボゴム君、もうめっちゃファンです♪