るるるの映画ブログ

韓国映画、ドラマの感想&備忘録

「V.I.P 修羅の獣たち」のネタバレなし感想 悪役イ・ジョンソク見てしまった(涙)

スポンサーリンク


「V.I.P 修羅の獣たち」



V.I.P. 修羅の獣たち [DVD]



チャン・ドンゴン キム・ミョンミン パク・ヒスン

の豪華共演でイ・ジョンソクが初の悪役を演じた

韓国映画「V.I.P修羅の獣たち」の感想です。



キャスト


チャン・ドンゴン・・・パク・ジェヒョク(国家情報院)
キム・ミョンミン・・・チェ・イド(警察)
パク・ヒスン ・・・リ・テボム(元工作員
イ・ジョンソク・・・キム・グァンイル(容疑者)


ネタバレなし感想


残酷な描写が多くて所々薄目で見ないと

メンタルがもたなかった(汗)。

まだ観ていない方は一応グロいシーンの心構えは

してたほうがいいかもです(汗)。


残酷シーンの嫌悪感で、一瞬観るのやめようかと

思ったけど、最後まで観てしまった。だって、

チャン・ドンゴン キム・ミョンミン パク・ヒスン

そしてイ・ジョンソクがあまりに良すぎた!

キャストが素晴らしすぎる!

存在感、演技力に圧倒されっぱなしで、グロシーン横に

おいといて、映画ってすごいなー役者さんすごいなぁって

感動するくらい。

チャン・ドンゴンさん、もうなんていうか

イケメン過ぎる。イケメン過ぎるんだけど、

演技がそれを超えてきてる。

キム・ミョンミンさん、安定の演技力で

ミョンミンさんの人間らしさに気持ちを重ねながら観る事になります。

パク・ヒスンさん、出番はこの4人で1番少ないけど

存在感が凄過ぎて現れるたびゴクリって唾飲んでしまうかんじ。


そしてイ・ジョンソクさん。

この豪華メンバーに全然負けてない。


最初、とても悪役には見えない爽やかなかんじで

登場するから

被害者を助けてくれるんじゃないかって淡い期待を

抱いてしまって撃沈。

イ・ジョンソクssi、やっぱ悪役でした。。。

イ・ジョンソクファンで視聴した人はお疲れ様でした。。。


そういえば、間抜けで頼りないCIAのおじさん、

どっかで見たことあるなーと思ったら、

海外ドラマ「プリズンブレイク」で刑務所仕切ってた

囚人のアブルッチじゃないですかい。

懐かすぃー。


監督さんがパク・フンジョンさんでこのキャスト陣だから

期待値が高かった割に興行はふるわなかったし酷評もあった

みたいなんですけど、韓国の映画だと覚悟して観れば、

新たなイ・ジョンソクさんも観れるし、貫禄ある俳優さんたちの

演技も見れて面白い作品でした。



以上、韓国映画「V.I.P 修羅の獣たち」の感想でした