るるるの映画ブログ

韓国映画、ドラマの感想&備忘録

マ・ドンソク主演「ファイティン!」 あらすじとネタバレ感想

スポンサーリンク


「ファイティン!」



ファイティン! [DVD]


筋肉ビーーーム!


マ・ドンソクssiを見るとテンション上がって

TV画面に筋肉ビームおくりたくなるのは私だけ?


そんな大好きな筋肉スターマ・ドンソクさん主演の映画

「ファイティン!」観ましたー!


マ・ドンソクさん好きだな~。。。



キャスト


マ・ドンソク・・・マーク
ハン・イェリ・・・スジン
クォン・ユル・・・ジンギ


あらすじ


幼い頃養子にだされてから家族を知らずに生きてきた

孤独な男マーク(マ・ドンソク)は、アームレスリングの

頂点を目指していたけど、八百長疑惑で除名されて

夢を諦めかけていた時に、ジンギ(クォン・ユル)から

韓国の大会にでるよう説得されます。

しかしジンギは大金と引き換えに八百長の話を

もちかけられていたのでした。

感想


久々に映画らしい映画を観た気がしました。

こうなるだろうというところにちゃんと着地してくれて

人間くさくてあったかくて

見て良かった~って心から思う映画。

もう、ベタのベタベタであることは間違いない。

それでもいい!だからいい!

心がじんわりあたたかくなる素敵な映画!


マ・ドンソクssiー!

あなた筋肉が輝いてるあるよ。

泣いてるんだか怒ってるんだかわからない表情と

マッスルボデー、どこをとってみても好きです。

この風貌でニッコリなんてされたら倒れます。


ハン・イェリさんも

なんかよかった。

ドラマ「六龍が飛ぶ」でめちゃめちゃ強い

役だったんで、最初は強い女の面影を追いつつ

観てしまったんですけど、

影がある役ハマりますね。


あと、この映画は子供たちがすごくいいんですよねー(涙)

子供たちとマ・ドンソクさんとの

絡みがほんとにあったかい。。。


母親が手紙を残しているとことか、

ジンギが大金を蹴るとか

勝戦で子供たちが応援に来るとか、

負けそうになったときにちょうど会場に駆けつけた

スジンの姿を見て盛りかえすとことか、

ベタの王道。

ベタってベタって・・・最高じゃん!

確信しながら観る映画っていうのも

いいものですね!

韓国映画にはそれがなかなかないので

今の韓国映画でこの感じの映画が見れたのは

驚きと嬉しさと筋肉感謝です。


勝利を勝ち取って世界戦に挑むラスト

最高!


以上映画「ファイティン!」のあらすじと感想でした