るるるの映画ブログ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

「金の亡者たち」ネタバレあらすじと感想 リュ・ジュンヨルの七変化を見た

スポンサーリンク



リュ・ジュンヨル主演、初登場第1位、観客動員数300万人を突破したヒット作


「金の亡者たち」のネタバレあらすじ・感想まとめます


金の亡者たち 満足度


★★★★★★☆☆☆☆

(星6)


金の亡者たち 監督・キャスト



[監督・脚本]

 パク・ヌリ


[キャスト]

 

 リュ・ジュンヨル
 ユ・ジテ
 チョ・ウジン
 キム・ジェヨン
 キム・ミンジェ



金の亡者たち 簡単なあらすじ



業界1位のDM証券会社に入社したイルヒョン(リュ・ジュンヨル)は同僚にも後れを取り上司からもこき使われていた。
ある日イルヒョンはユ課長(キム・ミンジェ)に(番号表)ボノピョ(ユ・ジテ)と呼ばれる謎のブローカーを紹介される。
ボノピョの指示で違法な取引に手を染めて大金を手に入れたイルヒョンの生活は見る見る派手に変わっていく。何もかもが上手くいく中、ボノピョに関わる者が自殺し、イルヒョンを不審に思った金融監督官のハン(チョ・ウジン)がイルヒョンを調べ始める




以下ネタバレ注意です!



金の亡者たち ネタバレ感想

「ゼロの数を誰が気にする?ただの数字だ

僕はただ金持ちになりたかった」


映画最後の主人公のイルヒョン(リュ・ジュンヨル)のセリフに映画の全てが集約してました。

ワンクリックで莫大な数字が行き来する世界おそるべしです。



業界1位のDM証券会社に入社したばかりのイルヒョン(リュ・ジュンヨル)は上司からもこき使われ接待にも疲れて

同僚の完璧な男ウソン貿易の後継者チョン・ウソン(キム・ジェヨン)を羨ましく思っていて


そんな時に上司のユ課長(キム・ミンジェ)からボノピョ(ユ・ジテ)と呼ばれる謎のブローカーを紹介されます。


ボノピョの指示に従って違法な取引に手を染めて大金を稼ぐようになって

絵にかいたように素朴な男が変わっていくわけです。

顔つきまでもが違ってくる。


リュ・ジュンヨルssiは笑顔と無表情の顔のギャップがあって、貧しい田舎の青年が大金を得て変わっていくさまがとてもわかりやすかったです。

イケメンというわけではないけど、観たくなる俳優さんですね。

脇役でも主役でも光る。



この映画で断トツの金の亡者ボノピョ演じたユ・ジテssiは、その貫禄には初の登場シーンからため息がもれました。

見つめられただけで震えあがる悪役オーラと色気、凄まじい。



そしてソン・ウジンssiもめちゃめちゃカッコよかった。

こういう正義役も恐ろしい悪役も自由自在に演じるソン・ウジンさん、ホントに素敵な俳優さんです。



何気に「私の名前はキムサムスン」のイケメン俳優ダニエルヘニーssiがカメオ出演していましたね。

テンション上がりました。

まさかこの映画の切り札になる人物だとは想像もつかず。




結末は微妙。

スカッと感もなく、いまいちでした。



ポノピョに関わった人間が次々破滅していって、

やっと我に返ったイルヒョンが自分が儲けたお金を使って裏切った友人のウソン貿易の株を上げて取り戻して

ボノピョがやった数々の悪事の証拠を警察に残して自分は逃げる、


っていうもっとスカッとしてもいい結末なはずなんだけど、微妙に締まらなかった。



ストーリーが興味のある話ではなかったのですが、

リュ・ジュンヨルさんとユ・ジテさんとソン・ウジンさんの演技対決は見ごたえありました



金の亡者たち(字幕版)


こんな記事もあります


www.kanrebyunoteru3.work