るるるの映画ブログ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

「工作 黒金星と呼ばれた男」あらすじと感想 実話を基にしたスパイ映画

スポンサーリンク




実話を基にしたスパイ映画「工作 黒金星と呼ばれた男」観ました。



観る前から名前だけでも震えるこの豪華キャストです。



「目撃者」のイ・ソンミン



目撃者(字幕版)


「哭声(コクソン)」「アシュラ」のファン・ジョンミン



哭声/コクソン(吹替版)


「犯人は生首に訊け」のチョ・ジヌン



「神と共に」のチュ・ジフン



神と共に 第1章:罪と罰 (字幕版)




と、怪物級演技上手い俳優さんがずらり。


チュ・ジフンさんは特に演技が上手いと思うことはなかったんですけど、この映画ではイ・ソンミンさんたちに負けない存在感でした。



演技が上手すぎる彼らが演じた静けさの中での緊迫した命がけの頭脳戦、終始緊張感が途切れず手に汗握りながら観ました。



注目するのは実在の人物の話を基にした映画であるということです。


ユン・ジョンビン監督は実際に黒金星パク・チェソさんと面会してチェソさんが送った手紙などを基に製作されたました。

映画が完成したときには刑期を終えていたパク・チェソさんは試写会に訪れて、今まで観たスパイ映画の中で1番忠実に描かれていたと話し、ユン・ジョンビン監督はそれが1番嬉しかったとインタビューにありました。




キャスト・受賞歴・あらすじまとめます。


工作 黒金星と呼ばれた男 監督・キャスト



[監督]

 ユン・ジョンビン


[キャスト]

 ファン・ジョンミン
 イ・ソンミン
 チョ・ジヌン
 チェ・ジフン


工作 黒金星と呼ばれた男 受賞歴


★かなりの賞を受賞しているのでキャストの受賞歴のみまとめます。

第55回大鐘賞主演男優賞


ファン・ジョンミン
イ・ソンミン

第55回百想芸術大賞最優秀演技賞


イ・ソンミン

第39回青龍映画賞人気スター賞


チュ・ジフン

第38回韓国映画評論家協会賞主演男優賞


イ・ソンミン

第38回韓国映画評論家協会賞助演男優賞


チュ・ジフン

第2回ザ・ソウルアワード映画部門助演男優賞


チェ・ジフン

第10回今年の映画賞主演男優賞


イ・ソンミン

第10回今年の映画賞助演男優賞


チュ・ジフン



工作 黒金星と呼ばれた男 あらすじ



第二次世界大戦後、朝鮮半島は分割統治され、南北は互いにスパイを送り目に見えない戦争を続けていた。安全企画部から工作員になる話を持ちかけられたパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の阻止だけが朝鮮半島を救う道だと言われ工作員になる。コードネームは黒金星(ブラック・ヴィーナス)。パクはビジネスマンを装い北朝鮮対外経済委員会のリ・リュウミン(イ・ソンミン)と接触。リはパクがスパイか見極めよう監視していた。当時中国では南の工作員が北に殺される事件が多発していていたが、その中で北の最高権力者キム・ジョンイルと接触するまでに至った実在した工作員黒金星を基にしたフィクション



まとめ


イ・ソンミン、ファン・ジョンミン、チョ・ジヌン、チュ・ジフンの演技対決はかなり見ごたえありました。

3回レンタルして何度も観ました。

魂をゆさぶられるアツい映画です。