るるるの韓れびゅ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

「悪人伝」ネタバレ感想 反則的にカッコいいマ・ドンソクとキム・ムヨル


マドンソク主演映画「悪人伝」

のネタバレ感想です。


手段を選ばない暴力刑事と闇組織と殺人鬼が暴れるバイオレンスアクション!


観客動員数300万人突破してシルヴェスター・スタローン制作のハリウッドリメイクもすでに決まっているとか。

300万人で大ヒット?ってかんじですが、ヴァイオレンス映画としては異例の大ヒットなんですね。


悪人伝(字幕版)


主演のマ・ドンソク↓


プロフィール

生年月日 1971年3月1日(50歳)
身長 178cm
出演作(ドラマ) バッドガイズ センス8
元カレは天才詐欺師 など
出演作(映画) 新感線ファイナル・エクスプレス グッバイ・シングル
ファイティン! 無双の鉄拳 など


アニキ―!😍

本作では悪役です(少し前まで基本悪役だったけど)。

おすすめ作品は強面だけどいいヤツな役

「新感染ファイナル・エクスプレス」

「無双の鉄拳」


無双の鉄拳(字幕版)



キム・ムヨル↓


プロフィール

生年月日 1982年5月22日(39歳)
身長 183cm
出演作(ドラマ) 美しい私の花嫁 バッドガイズ2 など
出演作(映画) ウンギョ青い蜜 記憶の夜
人狼 悪人伝 食われる家族 など


ムヨルssiー!😍

作品ごとに七変化して爪痕残す演技派俳優。

印象全然違うけど「ウンギョ」でキム・ゴウンちゃんとラブシーンしたあのお方です😱


ウンギョ 青い蜜(字幕版)


ウンギョではガリチョンだったけど、本作はムキムキ。



思わずハートマークつけてしまうほど2人ともオーラ全回でしたね。

あの筋肉ボデーと男くささがいい!

U-NEXTの動画視聴・あらすじはこちら
550円


悪人ばかりでわけわからんことになってますが

これでR指定ついてないってマジですか?

「悪人伝」満足度


★★★★★★★☆☆☆(星7)


「悪人伝」作品情報

●上映時間 110分
●公開 2019年
●監督 イ・ウォンテ
●脚本 イ・ウォンテ
●キャスト
マ・ドンソク(チャン・ドンス)
キム・ムヨル(チョン・テソク)
キム・ソンギュ(カン・ギョンホ)
ユ・スンモク(班長)
チェ・ミンチョル(オソン)
ユ・ジェミョン(サンド)

「悪人伝」あらすじ


凶暴なヤクザの組長チャン・ドンスが、ある夜何者かにめった刺しにされる。奇跡的に⼀命をとりとめたドンスは対立する組織の仕業を疑い、手下を使い犯人探しに動き出す。一方、捜査にあたるのは、暴力的な手段も辞さない荒くれ者のチョン刑事。彼は事件がまだ世間の誰も気づいていない連続無差別殺人鬼によるものであると確信し、手がかりを求めてドンスにつきまとう。互いに敵意を剥き出しにしながら自らの手で犯人を捕らえようとするドンスとチョン刑事。しかし狡猾な殺人鬼を出し抜くために互いの情報が必要であると悟った2人は、いつしか共闘し犯⼈を追い詰めてゆくー。
<引用元:https://klockworx-asia.com/akuninden/



※感想はネタバレを含んでいますので未視聴の方はご注意ください
ここからネタバレ注意です!


「悪人伝」ネタバレ感想


暴力刑事vs悪人vs極悪人対決ですね。


暴力刑事テソク(キム・ムヨル)とヤクザのドンス(マ・ドンソク)がタッグを組み無差別連続殺人犯(キム・ソンギュ)を追うという流れ。

しかしテソクとドンスは協力し合っているようでどちらも最後は自分の手で捕まえたいと思っている。

ドンスは犯人を捕まえたら自分の手でヤルつもりだし、テソクは法で裁くため自分の手で逮捕したい。

なものだから最後は犯人の奪い合いでテソクはドンスがとどめをさす寸前に車でドンスを・・・😅

おいおい😅


犯人の目的


派閥争いで同じヤクザのサンドが向けた刺客かと思いきや、たまたまドンスはこんな目に合ってしまった。

ギョンホは車をわざとぶつけては車を降りてきた相手に犯行を繰り返していた。誰でもよかったのです。

人並外れた強さだったドンスは奇跡的に助かって唯一の生存者となり、犯人ギョンスは自分をあんな目に合わせた犯人を必ず自分の手で○○したいドンス警察両方から追われる身となります。


結末感想


ドンスを轢いてまでギョンスを逮捕したはいいけど、直接的証拠がなく極刑には出来ない。

そこでテソクは違法賭博場の経営で警察から追われて姿をくらましているドンスに

自首して欲しいと頼みます。

裁判で証人になるために。


ギョンスのいる刑務所に現れた囚人ドンス!

ラストのマ・ドンソクの二ヤリは最高にシマりましたね!

犯人のギョンスもニヤリしてたけど、ギョンスは完全にオワタな。


キャスト感想


もちろんマドンソクもよかったですが、テソクを演じたキム・ムヨルがめちゃめちゃよかった。



この迫力!この体!

この役作りのために15kg体重を増やしたそうです。

シャツの上からでもムッキムキなのがわかりましたね。

いや~キム・ムヨルはホントカッコよかった!



そして犯人役のキム・ソンギュ

マ・ドンソク、キム・ムヨルという強烈な存在がありながら全く引けをとらないオーラを放っていました。

コワかったですね。イケメンなのがよけいにコワかった。



キム・ソンギュはNetflixドラマ「キングダム」に出演していますよ♪


あとドンスの部下のオソン役のチェ・ミンチョルがやけにカッコよかった。

オソンは傷を負いながらも自分のことはいいから犯人を追ってくださいって最後までドンスへの忠誠心の塊でした。

それだけ彼らにとってはドンスはいいボスだったんだろうな。


まとめ


やはりマ・ドンソクのアクションシーンはテンション上がりますね。

ドンスの狂気と垣間見える人情、テソクの正義と罪が交わりながら進んでいくストーリーがよかった。

何が正義で悪なのか考えさせられた作品でしたね。



最後までお読みくださりありがとうございました。


www.kanrebyunoteru3.work
www.kanrebyunoteru3.work