るるるの韓れびゅ

韓国映画ドラマの感想&備忘録 

「ミストレス~愛に惑う女たち~」ネタバレ感想 ロマンスドラマだと思って観たら撃沈します



ハン・ガイン6年ぶりのドラマ復帰作「ミストレス~愛に惑う女たち~」

キャスト・あらすじ・ネタバレ感想まとめました。


秘密を抱えた女友達4人がある事件をきっかけに翻弄されていくサスペンスドラマ。


イギリスの大ヒットドラマ「ミストレス~愛人たちの秘密~」の韓国リメイク作品。

アメリカ版も大ヒットしてこちらは私も視聴しました、めちゃめちゃ面白かった。

アメリカ版↓


日本でも長谷川京子さん主演でリメイクされていますね(未視聴)。


韓国版はサスペンス要素がかなり濃い

ロマンティックなのは最初だけ。

身も凍るサスペンスへと展開していきます。

Amazonで無料で全話観る



視聴率は思わしくなかったようです

最高が1.6%。

リメイク版は難しいポジションだし確かに胸くそ悪い話でした。

途中「ひぇ~そんなバカな~😱」

ってソファーに倒れ込みましたもん。

韓国映画っぽいドラマというか。


一部衝撃的な設定はありましたがキャストがよかったし、怪しい人物が入れ替わりで惑わされて最後まで目が離せない展開でサスペンス好きは面白いと思います。

「ミストレス~愛に惑う女たち~」満足度


★★★★★★★☆☆☆(星7)


「ミストレス~愛に惑う女たち~」作品情報




●全16話(Amazonプライム)
●放送 2018年
●視聴率 最高1.6%
●演出 ハン・スジン 「一理ある恋」 
●脚本 コ・ジョンウン「時間離脱者」
ハン・ガイン(セヨン)
シン・ヒョンビン(ウンス)
チェ・ヒソ(ジョンウォン)
ク・ジェイ(ファヨン)
イ・ヒジュン(サンフン)
チョン・ガラム(ソンホ)
パク・ビョンウン(ドンソク)
チ・イルジュ(ミンギュ)


「ミストレス~愛に惑う女たち~」あらすじ




2年前に事故で夫を失い、カフェを経営しながら娘を育てるセヨン(ハン・ガイン)。弁護士事務所に勤めるファヨン(ク・ジェイ)、高校教師のジョンウォン(チェ・ヒソ)、精神科医のウンス(シン・ヒョンビン)とは高校の同級生で、30代になった今でも定期的に集まっていた。ある日、セヨンのもとへ非通知の電話がかかってきたことを皮切りに、4人の周囲で異変が起き始め、それは次第に過去の殺人事件にまで繋がっていく。誰が誰を、何のために殺したのか?事件の謎をひも解くうちに、秘められた愛と憎しみ、そしてこじれた人間関係が明らかになっていく…。
<引用元:
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%EF%BD%9E%E6%84%9B%E3%81%AB%E6%83%91%E3%81%86%E5%A5%B3%E3%81%9F%E3%81%A1%EF%BD%9E/dp/B07HHGQDKM


※感想はネタバレを含んでいますので未視聴の方はご注意ください
ここからネタバレ注意です!



「ミストレス~愛に惑う女たち~」登場人物

セヨン(ハン・ガイン)


2年前夫を亡くしてカフェを経営しながら娘のイェリンを育てている

ウンス(シン・ヒョンビン)

セヨンの高校時代からの友人

精神科医

ジョンウォン(チェ・ヒソ)

セヨンの高校時代からの友人

教師 妊活中

ファヨン(ク・ジェイ)


セヨンの高校時代からの友人

弁護士事務所に勤める

サンフン(イ・ヒジュン)


保険調査員

娘アヨンがセヨンと同じ幼稚園に通いセヨンと親しくなる

ソンホ(チョン・ガラム)


殺された父の事件の真相を探るためウンスに接触する

ドンソク(パク・ビョンウン)

ジョンウォンの夫

TVにも出演する有名シェフ

ミンギュ(チ・イルジュ)

教師でジョンウォンの同僚


「ミストレス~愛に惑う女たち~」ネタバレ感想


友人のジェヒの事件が4人の女友達の秘密と絡み合い新たな事件へと巻き込まれていく、メインの4人以外は全員怪しく真相に近づいたと思ったら新たな疑惑が浮かび上がって最後までどうなるか読めない展開、面白かった!

あまりにアメリカ版と違うので思わぬ胸くそ悪さにびっくりはしましたけどキャストも大好きなイ・ヒジュンチョン・ガラム、オ・ジョンセが揃っていたので満足。結末も悪くない。


事件の真相はエグ過ぎた


まずヨンデ。

船の事故で死んだかと思われていたヨンデは生きていた!

家族思いの父親に思われたヨンデは実はとんでもないヤツで失踪はお金目当てでヨンデが仕組んだことでした。

結婚も何もかも全部お金目当てですよ。

おいおーい。

ヨンデめちゃめちゃ悪人すぎ~😱

ありえない犯人像に「んなバカな」とツッコまずにはいられない。

子どもの頃苦労した男の子が「絶対金持ちになる」とつぶやいた伏線の果てがこれかい。

自分の子どもたちにあんなことしてでもそんなに金が欲しかったんかい。

胸くそ悪い韓国映画観ているようでした。

韓国ドラマでかつてこんな悪い父親いたかな。

とにかく最悪の男でした。



ジェヒ事件の真相はというと


ジェヒの死は不倫相手が関係しているかと思われましたが、普通に犯人は夫のチョンヒョンでした。

チャンヒョンの母親ナ・ユンジョンがウンスの不倫相手ミンジェ先生を殺害。

ナ・ユンジョンはヨンデが生きている証拠動画を撮影したためヨンデが。

チョンヒョンは嘘を真実と思いこめるリプリー症候群を患っていたというオチでした。


セヨンに近づいて怪しい動きをしていた保険調査員サンフンは最初はさておき本当にセヨンを守るためにヨンデを追っていたんですね。

イ・ヒジュンすっごい怪しかったからずっと疑ってました😅

チョン・ガラム演じるソンホも怪しかった。アメリカ版ではもっとロマンスありの怪しいポジションの人物だったので何かあると思ったら後半めっきり登場しなくなりました。


ジョンウォンの不倫相手クォンも怖くて震えたし夫のドンソクも怖かった。

メインの4人以外は全員が怪しくて惑わされまくりました。

ツッコミどころをいくつか


4人の女友達も固い友情はいいんですけど、人の命をどうこうするにあたっての迷いが全くないあの団結力はちょっとだけ違和感。


あとオジョンセ演じるヨンデが死んだことになっているのに変装もしないであちこち現れるのイライラ。マスクくらいせい。


キャスト感想


ハン・ガインは6年ぶりの復帰作ということでしたが相変わらず美しい。

普通に演技も上手いので好きな女優さんです。

旦那様はヨン・ジョンフン


アメリカ版ではウンス役がキム・ユンジンで色気と存在感が凄かったので最初はシン・ヒョンビン軽くて違うな~と思ってしまいました。チョン・ガラム君とのロマンスを期待したのでちょっと残念。

シン・ヒョンビンとジョンウォン役のチェ・ヒソが顔も髪型も似ていてアップにならないとどっちがどっちかわかりずらかったの私だけでしょうか。


このドラマ、イ・ヒジュンパク・ビョンウンの存在感にずいぶん助けられたと思います。

やっぱりイ・ヒジュン男らしくて演技上手いから好き。

まとめ


チョン・ガラム見たさに視聴しましたが、結果チョンガラム君登場しなくても面白くて最後まで一気見。

胸くそは悪いけれどサスペンスドラマとしては最後まで揺さぶられて面白いドラマでした。



最後までお読みくださりありがとうございました。


このオジョンセは凄い!↓
www.kanrebyunoteru3.work