るるるの映画ブログ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

ソン・ヘギョ×パク・ボゴム主演「ボーイフレンド」あらすじと感想(ちょっと辛口?) 

スポンサーリンク



ソン・ヘギョ×パク・ボゴム主演ドラマ

「ボーイフレンド」観ました♪



レンタルされるまでが長かったです~(涙)

しかも1か月置きに3回に分けてレンタル開始されたので、待ってる間に同じのを何度もレンタルして待ってました。



あまりに久々過ぎるボゴミに感極まってしまい、涙うるうるでしたよ、もう。

(っていうか、泣いた笑)



主演のソン・ヘギョさんは大ヒットした「太陽の末裔」以来の復帰作、パク・ボゴム君は大学に専念して無事卒業してから初のドラマ出演作ということで放送される前から超話題でした。



視聴率はケーブルTVで最高視聴率10.3%を記録。



ソン・ヘギョさんとボゴミ主演ということで、製作側はもっと高視聴率を期待したかもしれませんね。



歴代の記録をぬりかえる様な超高視聴率というわけではなかったですけど、優しく温かく美しいラブロマンスです。



キャスト・あらすじ・ネタバレ感想まとめます


ボーイフレンド 満足度


★★★★★★★☆☆☆

星7


映像美、主演のビジュアル美、OSTが素晴らしかったです。

ただ、ストーリーにそれほど動きが少なくて主演が大ファンのボゴミじゃなかったら退屈したかもしれません。

ですが、主演はボゴミです。ソン・ヘギョさんと共に素晴らしすぎたので大満足です。



ボーイフレンド 監督・キャスト



[監督・脚本]

 パク・シヌ
   ・
 ユ・ヨンア



[キャスト]

 ソン・ヘギョ
 パク・ボゴム
 チャン・スンジョ
 コ・チャンソク
 クァク・ソヨン
 



ボーイフレンド 簡単なあらすじ



政治家の娘のスヒョン(ソン・ヘギョ)は政略結婚で財閥テギョングループに嫁ぐが夫のウソク(チャン・スンジョ)の浮気で離婚。慰謝料としてトンファホテルの代表に就任する。ある日、スヒョンは事業を広げるために訪れたキューバで1人旅をしていたジニョク(パク・ボゴム)と出会い夢のような1日を過ごす。キューバを発つ前に2人は待ち合わせるが会えないまま韓国へそれぞれ戻った。しかし再び運命的な出会いが待っていた、ジニョクの就職先がトンファホテルだったのだ。スヒョンとジニョクは惹かれ合うがホテルの代表であるスヒョンは部下のジニョクとの恋愛にためらう




以下ネタバレ注意です!



ボーイフレンド ネタバレ感想

美しい。。。

何もかもが美しかったです。

特に最初のキューバでのシーンは全てが美しくて感動しました。

久々に観るボゴミの笑顔や演技に感極まりました。


待ち時間が長すぎてボゴミのファンさんのブログを見させてもらったりしたので、あらすじも結末がハッピーエンドなのも知った状態で観たん

ですけど


噂通り本当に美しくて笑顔を忘れたスヒョン(ソン・ヘギョ)がジニョク(パク・ボゴム)と一緒にいることで自分らしさを取り戻していく過程も素敵に描かれていて


思い出すと心が優しさでつつまれるようなそんなドラマでした。



大人ボゴミ、カッコよかったですね~。


ボゴミ演じたジニョクssiね、

こんな美しくて品があって誠実で優しくて強い男性いるんかいっていう好青年なんですけど、

早速1人見つけました、そんな奇跡のような好青年。


パク・ボゴム!



本人やないかーい。




ソン・ヘギョさんは

このドラマであらためてソン・ヘギョさんは美しいだけじゃない演技が上手い女優さんなんだと思いました。


感情を抑え込んで能面のようなスヒョン(ソン・ヘギョ)だったけど、少ない表情からも苦しみが伝わってスヒョン見てると胸が痛かった。。。


ボゴミはヘギョ姉さんの演技に引っ張られてジニョクを演じきったという印象です。



美しくてそして確かな演技力。

そしてどこか悲しげ。

仮に性格悪かったとしても好きになっちゃいますね。

出演者キラーって言われてるけど、

誰もソン・ヘギョさんの魅力には抗えないかもしれない。


この投稿をInstagramで見る

GICHANCY @kimoimil

Hyekyo Song(@kyo1122)がシェアした投稿 -



ここで少し辛口感想。



脚本が落ち着き過ぎないだろうか。

ストーリーに波があるようでそんなでもないし、

悪人という悪人がいるわけでもないし、

少し目立ったことといえば、韓流ドラマあるあるの見飽きた親のエゴ。


もし大ファンのボゴミとソン・ヘギョさんじゃなかったら退屈して途中リタイアしていたかもしれません。


主演が主演なだけに1つ1つのシーンがキレイでいつまでも見れてしまうんだけど、せっかくこの2人なんだからもっと面白い脚本でも良かったのではないかなと。


逆にこの2人が美しすぎるから映像美重視で貫いたのかな。

映画だったらもっと凝縮されてもっと美しく心に残ったんじゃないかと思ったんですけど、

いやいや。

少しでも長くボゴミ観たいからドラマでよかった。



あと、これもちょっと辛口感想になっちゃうんですけど、

1話でのボゴミの笑顔が作り物っぽいなーと思うところがありました。
 
ボゴミの演技の上手さ繊細さを知ってるからこそ、そう見えたのかもしれません。


あとはボゴミに品がありすぎて、特にキューバから帰った直後はあの両親との団らんがなんかしっくりこなかったかな。



OSTがめっちゃ良かったですよね!

特に

CHEEZE 映画のようだった日々



歌詞もこのドラマにピッタリハマってる。


もう覚えてしまったんじゃないかってくらい聴きました。


よし!この歌、ボゴミのファンミに備えて歌う練習します!(ファンミがいつになるかは本当にわかりませんが泣)



まとめ

2~3年という長い月日を待ちに待って観た「ボーイフレンド」はボゴミの久々のドラマに相応しい素敵なドラマでした。

そして内面からあふれ出る美しさをもったボゴミとソン・ヘギョさんにしか魅せられない美しいドラマでした。

素敵なOSTと共に2人の美しい物語が心にしっかり刻まれました。



ソン・ヘギョさん、ボゴミ、スタッフの皆様

素敵なドラマをありがとうございました!