るるるの韓れびゅ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

20200925233934
20200925233952
20200925234023
20200925234023

韓国映画「未成年」ネタバレ感想 キム・ユンソク初監督作品は面白かった


スポンサーリンク



韓国を代表する俳優キム・ユンソク監督デビュー作品

「未成年」のあらすじ感想です。


キム・ユンソクさんは特別好きという俳優さんではないんですけど安定の演技力だし彼の作品は私的には面白い作品ばかりなので「間違いない俳優」の1人です。


キム・ユンソクが5年かけて作りあげた初監督作品、気になっていたので早速視聴したんですけど、女優さんの使い方が上手いなと思いました。

ストーリーは好みではないけどキム・ユンソク監督がキャストの魅力と実力を最大限に魅せた作品だと思います。

主演は「SKYキャッスル」のヨム・ジョンアさん。



満足度
★★★★★★☆☆☆☆(星6)


「未成年」作品情報




●上映時間 96分 
●公開 2019年
●監督 キム・ユンソク
●脚本 キム・ユンソク 、イ・ボラム
●キャスト

ヨム・ジョンア(ヨンジェ)
キム・ソジン(ミヒ)
キム・ヘジュン(ジュリ)
パク・セジン(ユナ)
キム・ユンソク(デウォン)



「未成年」あらすじ

父が不倫していることを知った女子高生のジュリ(キム・ヘジュン)。その相手は、問題児として知られる同級生ユナ(パク・セジン)の母ミヒだという。ジュリはユナに母親の不倫を止めるよう忠告するが、激しい口論の末ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを告げ、ジュリの母にまでその事実を暴露してしまう。思いもかけない告白に戸惑い、また現実から目を背けようとする両親の姿に傷つくジュリ。一方のユナも、娘を顧みず不倫の恋にのめり込んでゆく母の姿を見て深い孤独を感じていた。そんな最中、2つの家族を決定的に揺るがす、ある事件が起こる…。

映画『未成年』公式サイト|6月5日(金)ロードショーより>



※ここからネタバレ注意です!





「未成年」ネタバレ感想


こんなこというのもあれですけど、この話って不倫されたヨンジェがもっと毅然としていればよかっただけの話ですよね。

娘は多感な時期ですからああなるのは仕方ないけど、大人3人の情けなさといったらない。

未成年ってタイトルは大人たちの未熟さを皮肉った意味も込められてるんじゃないでしょうか。


未熟な大人たち


2人の少女が血のつながった弟が産まれたことで成長していくんですけど、

彼女たちの真っ直ぐさに比べて大人たちの情けないこと。

未成年の少女たちは大人に近づき大人たちは醜態をさらしていく。


ヨンジェは夫デウォンの浮気を知って浮気相手ミヒの営む鴨料理屋に偵察に行ってミヒを突き飛ばして早産するきっかけを作ってしまったうえに、
産まれた赤ちゃんの病気が不倫の天罰なら嬉しいと祈っている。


デウォンは娘からも妻からも浮気相手からもひたすら逃げ続けている、自分の子どもが保育器に入っている状態だというのにね。


浮気相手ミヒは、ほぼヤケクソで赤ちゃんを見ようともしない、ただ自分のこの状況を哀れみデウォンを待っている。


大人たちは赤ちゃんのことはまるで2の次で自分たちの傷心や取り繕うことに必死です。

この3人が醜態をさらす一方で子どもたちは子どもたちなりに現実を見て進学も諦めて働いて赤ちゃんを育てようとしています。

大人たちがダメな分、子どもたちが成長せざるを得ない。


結末感想


デウォンは不倫相手のことは愛してはいなかった模様だけどヨンジェは髪をバッサリ切って家も売りに出してデウォンを許す気はない。

デウォンはヨンジェに許しを請うけどヨンジェは拒否。

ジュリからももう父親じゃないと言われてしまいます。


デウォンがジュリから逃げる姿はホント笑えましたよね。

逃げた末におやじ狩りにあって傷だらけで家に帰ってきて「出張に行ってきたんだよ」「腕骨折しちゃったんだよ」って姿も情けなさすぎて笑うしかない。

ヨンジェも病院連れて行きながらこんな男のために傷心しているのバカらしくなったんじゃないでしょうか。


ヨンジェは私、夫に裏切られて傷ついてる感が全身から出ていたからそりゃ娘は心配するでしょって話。

母親の動揺は子どもにダイレクトに伝わりますから。


私にはヨンジェの余裕のなさが理解できませんでした。

新婚ならわかるんですけど、娘も17歳と大きいしこれだけ長く一緒にいたんだからさ。

どれだけ今まで平穏な日々を送っていたんだって話ですよ、ある意味幸せですよね。

私なら浮気しながらおどおどしている夫の様子を見てほくそ笑むと思います。

こいつ今バレるかなってドキドキしてんのかな~オモロ~って。(え?自分サイコ?)

そしてどうせ他の女性のところに行くなら楽しんでほしいし大切にされて欲しい。

どうせならね。


新人女優が素晴らしい


輝いてましたね、

キム・ヘジュンパク・セジン

特にパク・セジンがかっこいい子だな~と思いながら観てました。

キム・ヘジンもパク・セジンも撮影時22~23歳ですよね、この2人ちゃんと高校生に見えました。

無駄に尖った感じや不器用な感じが魅力的に映るように演じていました。

2人が髪を掴んでの乱闘シーンはすごい迫力、あそこ結構力入れて撮ったシーンじゃないかなと思います。


娘役のキム・ヘジュン、パク・セジンは新人賞を受賞しています


パク・セジンはチョ・ジヌン主演の「機密」に出演が決まったそうです、楽しみですね。


ヨム・ジョンア


ヨム・ジョンアさんさすがっすという繊細な演技が堪能できました。

不倫相手ミヒ役のキム・ソジンさんも上手かったし、この作品ってキャストがかなりよかった。

脇もイ・ヒジュンさんやイ・ジョンウンさんやヨム・ヘランさんetc。

出番短かいけどインパクト大でしたよ😅


まとめ


キム・ユンソク初監督作品、私は好きですね。

ヨム・ジョンアさんを始め女優さんたちの演技力に魅せられた作品でした。



最後までお読みくださりありがとうございました。