るるるの映画ブログ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

韓国映画「虐待の証明」あらすじと感想 ハン・ジミン主演女優賞受賞作品

スポンサーリンク




ハン・ジミンさん主演の「虐待の証明」観たのでキャスト、あらすじ、ネタバレ感想まとめます。


この映画は実話が基になっています。




虐待の証明  監督・キャスト



[監督・脚本]

 イ・ジウォン


[キャスト]

 ハン・ジミン
 イ・ヒジュン
 キム・シア
 クォン・ソヒョン
 ペク・スジャン
 キム・ソニョン
 チャン・ヨンナム
 



虐待の証明 簡単なあらすじ



幼い頃母親に虐待されて捨てられたペク・サンア(ハン・ジミン)は近所に住む体中痣だらけの少女キム・ジウン(キム・シア)が気になっていた。虐待されて捨てられた自分とジアンを重ねて手を差し伸べる中、封印した自分の過去の記憶も蘇る




以下ネタバレ注意です!


虐待の証明 ネタバレあらすじ

ペク・サンア(ハン・ジミン)は幼い頃母親に捨てられ学生時代には暴行事件の被害者となり荒んだ生活を送っていた。

一緒に暮らしている事件の担当だった刑事のジャンソプ(イ・ヒジュン)は、ペク・サンアのためサンアの母親を探していたが母親が肺がんで孤独死していたことがわかる。


亡くなった母親を目の前に、どの面下げて死んだか確かめたかっただけだと去るサンア。

サンアは自分を虐待して捨てた母親を恨んでいた。


サンアはジャンソプに結婚を申し込まれるが

「自分といたら人生を棒に振る
自分を憐れんでいる顔を見ると息が詰まる」

と断り家を出る。


その時、道の隅で汚れた足で蹲っている少女キム・ジウン(キム・シア)を見かける。


いつも見かけるジウンの様子から虐待されているのがわかった。

虐待されていた自分と重なりジウンにご飯を食べさせるサンア。


そこへ外見はいたって普通の母親らしき人ミギョン(クォン・ソヒョン)が迎えに来る。

ミギョンは実母ではなくジウンは付き合っている彼氏の子供だった。


家ではジウンはミギョンに浴室で殴る蹴るされて蹲って震えている。

父親(ペク・スジャン)は働かず家にこもってひたすらゲームしている。


サンアの亡くなった母親の知人から、サンアの母親は夫と死別した後うつ病にかかり酔って娘に手をあげてしまっていたこと、娘の人生を踏みにじってしまったことを後悔していたときかされる。
記憶が蘇るサンア。


ある日、またジウンが痣だらけで立っていた。

サンアはミギョンにやられたのか?と怒るが「違う」と答えるジウン。


サンアはほっておけずジウンに食事を食べさせる。

ジウンから殴られたらお金をもらえるということ、警察に助けを求めても家に戻されることを聞かされた。

サンアはジウンに可愛い服を着せて遊園地や海に連れていく。

手をつないで「ありがとう」というジウン。


家に帰る早々父親に蹴り飛ばされるジウン。

それを見たサンアは家に入り父親を止める。

しかし、ミギョンに最後まで責任取れないなら干渉するなと言われる。

警察に通報するが、

子ども自身が転んだといっている
鳴き声を隣人が聞いていない
だから穏便に済ませようと促される。

そして、実名から6年服役していた前科があることが知られてジウンは父親たちに戻されてしまう。



家でジウンは寒い中薄着で手を後ろに縛られてベランダに放置されていた。

腕を縛っていた縄をなんとか外してベランダの水道から水を飲んでいるジウンに父親が言う

「飲むな 生き延びちまうだろ」

と。

ジウンを殺す気でベランダに出していたのだった。

父親が家に入ってきたジウンの首を絞めている時ペクが家のチャイムを鳴らす。

ジウンをトイレに隠す父親。

チャイムを鳴らしたが諦めて帰るサンア。

ジウンはトイレの窓から涙を流しながら声にならない声でサンウに助けを求めていた。

しかし気づかずにサンウは行ってしまう。


泣きながら2階の窓から自力で降りようとするジウンだったが足が滑って落ちてしまう。


1度はジャンソプの車に乗ったサンアだったが車から降りて走ってジウンの家に戻ると

2階の窓から落ちたジウンを見つけて病院に駆け込む。


ジウンをかくまうサンア。ジウンに自分の虐待の傷跡をみせる。

「同じだ」と。

自分には教養がなく何も教えられない渡すものもない。でも代わりにそばにいて守る。

そう言うと、ジウンが「私も守ってあげる」とペクを抱きしめる。


当時うつ病にかかっていたペクの母親は記憶のない間にペクを虐待してしまっていた。これ以上ペクを傷つけないためペクを守るために手放したのだった。
その事実をジャンソプから聞かされ涙を流すサンア。


ジウンの父親とミジュンはジアンがペク・サンアに誘拐されたと警察に話すが、自分たちのジウンへの虐待がバレて父親は警察に連行される。


「自分の子供を殺す気だったのか」と問われ父親は言う、

「でも死んでないだろ?俺も虐待されたけど生きてる。助けてくれなかったくせに俺を責めるな」と。


父親も虐待されて育ったのだった。

父親の体中に虐待の跡があった。

虐待の連鎖があった。


ミジュンはジウンを見つけて口封じしようと探し始める。

ジャンソプの姉(キム・ソニョン)のところに身を潜めていたサンアとジウンだったが

ミジュンに見つかりジウンがさらわれてしまう。


ミジュンがジウンを殺そうとしたところをペクが間一髪で助ける。

ジウンを車に残し逃げるミジュンを追うサンア。

追いかけてくるジウンについてくるなと突き放す。

逃げるミジュンを追って揉み合いになり気絶しているミジュンに叫び声をあげながら石を振り上げたところでジャンソプが止める。


ジャソプは、

ジウンの前で逮捕は出来ない、母親として数日だけでも母親として接してやれとサンアを逃がす。


こんな私でも一緒に来る?と問うと

「一緒に行く」と答えるジウン。




ジャンソプとジャンソプの姉の家で朝食を食べて学校に通い勉強して友達と笑っているジウンの姿があった。



学校の門でタバコを吸っている女性がいた。

服役を終えて戻ってきたサンアだった。

桜の木の下で見つめあうサンアとジウンだった。



虐待の証明 感想

この映画は実話に基づいています。

当たり前に食事して当たり前に勉強して当たり前に友達と遊んで当たり前に愛されるはずの可愛い子供がそれを奪われ虐待をされているという事実がある。
信じられないけど実際に存在するということです。


親も未熟な1人の人間です。

子供に親にさせてもらい、成長させてもらう。

でもこの実話に基づいた映画を観ていると、子供を育てる最低限の資格は必要だと思わずにいられません。




ハン・ジミンさんはいつの間にか演技派の女優さんになっていますね。

この映画で主演女優賞を受賞しています。

ドラマ「屋根部屋のプリンス」で初めて観た時は可愛いだけの印象で、ほかのドラマ観てもそんなに惹かれなかったのですが

映画「密偵」で体重を10キロ落として挑んだ役を観て印象が変わりました。

これからが楽しみな女優さんです。



虐待の証明(字幕版)



韓国ドラマはU-NEXTがおすすめです