るるるの韓れびゅ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

20200925233934
20200925233952
20200925234023
20200925234023

韓国映画「虐待の証明」あらすじと感想 ハン・ジミン主演女優賞受賞作品


スポンサーリンク



ハン・ジミンさん主演の「虐待の証明」観たのでキャスト、あらすじ、ネタバレ感想まとめます。


この映画は実話が基になっています。

虐待されて育った主人公を熱演したハン・ジミンさんは主演女優賞を受賞。



虐待の証明  監督・キャスト



[監督・脚本]

 イ・ジウォン


[キャスト]

 ハン・ジミン
 イ・ヒジュン
 キム・シア
 クォン・ソヒョン
 ペク・スジャン
 キム・ソニョン
 チャン・ヨンナム
 



虐待の証明 簡単なあらすじ



幼い頃母親に虐待されて捨てられたペク・サンア(ハン・ジミン)は近所に住む体中痣だらけの少女キム・ジウン(キム・シア)が気になっていた。虐待されて捨てられた自分とジアンを重ねて手を差し伸べる中、封印した自分の過去の記憶も蘇る




以下ネタバレ注意です!


虐待の証明 ネタバレあらすじ

ペク・サンア(ハン・ジミン)は幼い頃母親に捨てられ学生時代には暴行事件の被害者となり荒んだ生活を送っていた。

一緒に暮らしている事件の担当だった刑事のジャンソプ(イ・ヒジュン)は、ペク・サンアのためサンアの母親を探していたが母親が肺がんで孤独死していたことがわかる。


亡くなった母親を目の前に、どの面下げて死んだか確かめたかっただけだと去るサンア。

サンアは自分を虐待して捨てた母親を恨んでいた。


サンアはジャンソプに結婚を申し込まれるが

「自分といたら人生を棒に振る
自分を憐れんでいる顔を見ると息が詰まる」

と断り家を出る。


その時、道の隅で汚れた足で蹲っている少女キム・ジウン(キム・シア)を見かける。


いつも見かけるジウンの様子から虐待されているのがわかった。

虐待されていた自分と重なりジウンに手を差し伸べるサンアだったが・・・



虐待の証明 感想

この映画は実話に基づいています。

当たり前に食事して当たり前に勉強して当たり前に友達と遊んで当たり前に愛されるはずの可愛い子供がそれを奪われ虐待をされているという事実がある。
信じられないけど実際に存在するということです。


親も未熟な1人の人間です。

子供に親にさせてもらい、成長させてもらう。

でもこの映画を観ていると、子供を育てる最低限の資格は必要だと思わずにいられません。




ハン・ジミンさんはいつの間にか演技派の女優さんになっていますね。

この映画で主演女優賞を受賞しています。

ドラマ「屋根部屋のプリンス」で初めて観た時は可愛いだけの印象で、ほかのドラマ観てもそんなに惹かれなかったのですが

映画「密偵」で体重を10キロ落として挑んだ役を観て印象が変わりました。

これからがますます楽しみな女優さんです。



虐待の証明(字幕版)