るるるの韓れびゅ

韓国映画ドラマの感想&備忘録

20200925233934
20200925233952
20200925234023
20200925234023

「少女は悪魔を待ちわびて」ネタバレ感想 「新聞記者」のシム・ウンギョン主演


スポンサーリンク



シム・ウンギョンさん主演のサスペンス映画

「少女は悪魔を待ちわびて」の配信中のVODやキャスト、あらすじ、感想などまとめたいと思います。



シム・ウンギョンさんといえば、松坂桃李さんと共演した映画「新聞記者」最優秀主演女優賞を受賞し話題になりました。


授賞式のシム・ウンギョンさんの日本語が上手いのには驚きましたし、心のこもった涙のスピーチはとても感動しました。



美人という枠の女優さんではないですが、子役から活躍してしていて芸歴は16年。

個性の強い役も自然に演じる演技の上手い韓国女優さんです。

代表作は「サニー永遠の仲間たち」「怪しい彼女」。

日本で人気の「のだめカンタービレ」の韓国リメイク版「ネイルカンタービレ」にも主演していますね。


この作品では闇を抱えた少女の役でシム・ウンギョンさんの演技力の高さがよくわかるんじゃないかなと思います。

シム・ウンギョンさんとキム・ソンオさんのバトルも見ごたえありました。

ストーリーも先読みできるようでできないので最後まで面白かったです。


韓国のスリラー映画なので残酷な描写が多々ありなので苦手な方は注意です


満足度
★★★★★★☆☆☆☆(星6)


少女は悪魔を待ちわびて 監督・キャスト



[監督・脚本]

 モー・ホンジン


[キャスト]

 シム・ウンギョン
 キム・ソンオ
 ユン・ジェムン
 アン・ジェホン




少女は悪魔を待ちわびて あらすじ



15年前に7人を殺害した犯人ギボム(キム・ソンオ)を捜査中だった刑事の父を殺されたヒジュ(シム・ウンギョン)は証拠不十分で極刑を免れたギボム(キム・ソンオ)が刑務所から出所するのを待ち復讐の時を狙っていた




以下ネタバレ注意です!



少女は悪魔を待ちわびて ネタバレ感想

まだ5歳だった少女ヒジュ(シム・ウンギョン)は父親のイルヒを殺されてからイルヒの同僚刑事デヨン(ユン・ジェムン)や警察署の刑事たちに見守られながら警察署で働いているんですけど、

知能が遅れているようにみせて警察署に潜り込んだのも情報を得るためだし全部が復讐のためという凄まじい執念。

復讐だけを待ちわびて少女が1人生きてきたかと思うと見るのがキツイストーリーでした。


キム・ソンオ=悪役というイメージが拭えないほど悪役が似合うキム・ソンオさんですが、

この映画のギボムという男はキム・ソンオさんをイメージしたキャラなんじゃないかというぐらいハマっていてホントにコワかった。


悪役はギボム1人で十分なくらい恐ろしいのに、この映画はそういうヤツがもう一人出現して

極悪人同士の対決みたいになってくる。

悪役はギボム1人で十分なくらい恐ろしいのに、この映画はそういうヤツがもう一人出現して

極悪人同士の対決みたいになってくる。

悪人が「切る」と「刻む」男2人いるという発想がさすが韓国ドラマよねーとガクブルしました。



刑事にアン・ジェホンssiがいたから期待したんですけど、何もなし。

班長のデヨンも絶対に捕まえてやると言ってるわりに何も出来ず。

この映画はシム・ウンギョンとキム・ソンオ2人だけの対決ですね。



「悪が勝つための条件は1つだけ、それは・・・」

ヒジュが語った言葉が重く重くのしかかるエンディングでした。



キム・ソンオの体

ウォンビン主演で大ヒットした「アジョン」以来の悪役だそうで(映画は)、その気合は体形にも表れていましたね。


ホテルで上半身脱いだキム・ソンオさんの肉体、私あれCGかと思ったんですよ。

ガリガリで脂肪が落ちすぎて血管が無数に浮き出ている。

もうガリッガリ。


しかし調べたところ、あれ、CG使っていないそうです😲

「マシニスト」のクリスチャンベールばりに痩せてやるよって

キム・ソンオさん、なんと短期間で16Kg減量したということなんです!


役者魂スゴすぎ・・・(涙)

急に体重落とすというのは危険なので反対ですが、

役者さんたちのそういう役のために努力を惜しまない姿勢は本当に心うたれます。


まとめ


ストーリーも結末もベタであるようでそうではない展開で観始めたら止まりませんでした。

残酷で重すぎるストーリーなので、苦手な人にはおすすめしませんが、シム・ウンギョンさんとキム・ソンオさんが素晴らしかったです。


こんな記事もあります

キム・ソンオさんが刑事役してます

    ↓
www.kanrebyunoteru3.work